アップローダー

2012年7月3日 at 12:41 AM

同人誌アプロダ2D BOOK LOADERとExploaderへの投稿上の注意

2D BOOK LOADER様の仕様が変更になったことを受けて今一度整理したいと思います。

 

投稿時のファイル命名規則

2D BOOK LOADERの場合は、タグも含めて作品名を詳細に入れる事が望ましいです。一方Exploaderの場合、ファイル名は日付などの任意英数字にし作品名は伏せたほうがよいようです。実際に試したのですが、数十ファイルExploaderに作品名入りで投稿して、消されなかったのは「○○○ おまけ本」という1ファイルのみでした。他の投稿者と重複したファイルを投稿したからという理由でもないようです。

 

保管期限は?

2D BOOK LOADERの場合、保管期限は「無期限」を設定することもできます。特にシリーズものの場合、間の番号が投稿上欠けている可能性があるので、最新にリスティングされている作品でなくても、「検索」経由で利用者にアクセスされる場合があります。

一方Exploaderの場合、保管期限の最大は30日です。2D BOOK LOADERよりも流れが速いので一見長期に設定しても意味がないように思われますが、投稿者側からExploaderへ誘導している場合はなるべく長期間にしないとユーザビリティーが悪くなります。

 

どういう媒体に載せるのがよいか?

ドメイン名のパワーが強いほうが効果的です。具体的にはアダルトも大丈夫で比較的寛容なFC2ブログが望ましいです。独自ドメインの場合、元々アダルトは検索エンジン上質の悪いワード扱いされるため、サイトランクが通常のサイトと比べ著しく低くなる場合が多いです。ドメインを育てることができないので、大手サービスに寄生する形が効率的なようです。

 

よりアクセスされるには?

アプロダ側より自サイトへ誘導してもらうには、それ以前に自身からアプロダ側へある程度誘導を行う必要があります。一定量誘導できた投稿のみ、アプロダの投稿リストのページに掲載がなされます。

ですのでアプロダを誘導元として生かすほど自サイトにパワーがない場合、同じような投稿を行っている他競合サイトと相互リンクを行う必要があります。

相互リンクにはASP Rankerという相互ランキングを用いるのが一般的です。ある程度有名なサイトであれば無差別に相互リンク先を追加すればその分効果を得られますが、新規で作成したサイトの場合、同じようなレベルのサイトとのみ組み合うのが理想的です。大手と相互を貼った場合、自サイトから抜けることは多くても相手側からはランキング圏外で一切誘導が行われないケースがほとんどです。

 

アップの頻度は?

多いにこしたことはありませんが、訪問者はページをめくってまで閲覧することはほとんどありません。自サイトのTOPページに表示している投稿ファイル画像の件数=1日にアップする数が理想です。通常レベルのサイト運営者は1日に3~6作品程度ですので、ブログ形式でない場合残りのスペースはアフィリエイトバナーなどで埋めることになるでしょう。

 

投稿量が多い or 作品別のページを作成している場合は、1ページに数十作品を掲載するケースもでてくると思います。その場合、作品の画像はサムネイルで用意しページアクセスのレスポンス速度をなるべく考慮したほうがよいと思います。あわせてページをスクロールすると少しずつ画像を先読みするjavascriptのサンプル(ajax)を入手し組み込むのも手です。サムネイルのサイズは小さければより多くの投稿を詰め込むことができる上、画像が明確でない分想像力が働き、あまり絵的にひかれない作品でもクリックされる可能性が高くなります。

 

自サイトにアプロダへの誘導リンクを貼る場合の注意

アプロダは上記2サイト以外もサムネイル画像でリスティングされない&一方通行のものなら結構あると思います。Zipdkrばるさミクぷぷっぷ!アップローダーなど諸々使われると思います。よろしければこちらもどうぞ。1つのサイトが閉鎖しても他のサイトが生きている場合サービスを継続できるという冗長的なメリットはあるのですが、一方でアプロダを絞らないと誘導先も分散してしまいます。

たぶんですが、自サイトが停止措置をくらう確率のほうがアプロダがサービス停止する可能性よりもはるかに高いと思います。ですのでよほどのことがない限り、できる限り統一したほうがよいように思います。

 

違法ダウンロード法(禁止法)について

勿論影響が出てきています。可能な限りクローズドにしたほうがよいようにも思われますが、クローズとアクセスは相反する要素です。自身が閲覧するためならサイトの入り口から認証をかけたほうがいいと思います。目立つならとことん目立つ、目立たないなら他人にアクセスさせない。どちらか一方を採るしかないように思います。

 

アフィリエイトを貼るのはなんのため?

同人誌提供サイトのほとんどは鬼のようにアフィリエイト画像を貼っていますが、それはWeb収入のためではなく同人誌を提供している行為をなるべく隠すためです。アフィリエイトのアダルト画像のなかに誘導リンクを隠す目的で使われます。

訪問者は、そもそも無料で目的の同人誌にたどり着きそこで満足してしまうため、アフィリエイトのリンクを押すことはほとんどありません。アフィリエイト目的に同人誌提供サイトを用いるのはかなりお勧めできません。もしアフィリエイト目的で運用するのであれば、試供版が提供されているアダルト商品を紹介するページをあわせて運用するなど、自サイト内で全てを満足させないサービス趣向が必要です。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!