未分類

2012年6月4日 at 11:51 PM

海外レンタルサーバーの奨め ~hostmonsterの新規登録

日本の某無料レンタルサーバを今まで利用していたのですが、

①アダルトコンテンツを提供していたこと
②アプロダとして利用していたこと(容量無制限を謳ってはいるが、実際は2GBを閾値として使用量監視をしていた)

もあり、アカウント停止措置をくらってしまいました。そこで海外の有料レンタルサーバを借りることにしました。選択したのは以下です。

ホストモンスター http://www.hostmonster.com/

容量無制限」が一番大きいメリットなのですが、動的なサイト作成に用いる言語であるperlやphpを利用する上で欠かせないImageMagickなどのpearモジュールが標準で利用できるのが非常にありがたいです。画面は英語ですが、初心者でも操作しやすい「cPanel」という管理画面があり、ページの編集やファイルのアップロード/ダウンロードはすべてこの管理画面から行うことも可能です。

もちろんFTPでのファイルのアップロードも可能です。

 

早速登録してみましょう。

1.ホストモンスターのサイトにアクセスします。「Sign Up Now」ボタンを押します

host monster top

2.新規でドメインを取得できます。お好きなドメイン名を指定し、「NEXT」を押します。もちろん既に他人にとられているドメイン名は取得できません。

domain get

3.個人情報を入力します

個人情報

4.契約情報とクレジットカード決済情報を入力します。

・AccountPlan :契約期間。最初は最短の12ヶ月でよいでしょう。
 契約期間が長ければ少し割安になります。万一、サービスが気に入らなくて、
 契約をキャンセルしたい場合は、30日以内であれば全額返金されます。
 (カスタマーサービスに電話連絡が必要。電話料金はフリー)
・チェックボックス群:有料オプションサービスです。よほどミッションクリティカル
 でない限りほとんどは不要です。チェックをはずしてしまいましょう。
 ただし「Domain Whois Privacy」だけは申し込みを推奨します(リンク参照)。
 ドメイン登録情報に個人情報が掲載されないようにするオプションになります。

クレジットカード

5.操作が完了すると、メールで手続き完了の旨連絡が届きます。

メールに記載された「Domain name」「Username」「password」は、後に、管理画面のログインに必須な情報ですので、しっかり保管しておきましょう。

6.ドメイン登録が完了するとサイトにアクセスできるようになります。ブラウザを起動し、

http://ドメイン名/

で以下の画面がでることを確認します

TOP画面

7.管理画面にログインしてみましょう。

管理画面 https://my.hostmonster.com/cgi-bin/cplogin

メールに記載された「Username」「password」を入力し、Loginボタンを押します

管理画面

8.管理画面にログインできました。「cPanel」タブを押してください。

管理画面1

9.これが管理画面になります。全ての操作はここから行えます。

管理画面2

 

とても簡単ですね!

4 Comments

  1. Pingback: アフィリエイト収入 - jpドメイン情報開示の流れへ

  2. Pingback: アフィリエイト収入 - FC2の有料レンタルサーバーでアダルトコンテンツやアフィリエイトを満喫する

  3. Pingback: アフィリエイト収入 - WordPress MySQLデータベースの最適化

  4. Improve your D buy wow armor sets iscoverability in App Store’s Search Results and Drive More Organic Traffic. Offering professional service of optimizing keywords, description,buy wow armor sets, icon and more. The Ultimate App Store aso solution will make your app rank top, and attract more traffic!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!