アダルト

2015年2月21日 at 12:12 AM

最高齢AV女優「美月よしの(75)」、孫(26)と共演で初AV作品に挑む

週刊ポスト2015年2月13日号

 

 

AV女優は家族に内緒で出演するケースがほとんどで、「親バレ」で引退を余儀なくされる女優も少なくない。その一方で、家族公認で活動する女優も増え始め、最近では「家族共演」を果たす女優が“ブーム”になりつつある。

昨年7月には実の母と娘が共演したAV作品が登場し、一部で話題となったが、異色の家族共演AVは何と母娘ばかりではない。2月20日にリリース予定の『76歳お婆ちゃんAVデビュー 美月よしの』は、祖母よしのさん(76)と孫娘あやなさん(26)の共演作だ。

よしのさんとあやなさんは2人で暮らしている。2年前に始まったこの同居が2人の運命を大きく変えた。

「2人目の夫が他界してから、しばらく一人暮らしをしていました。その後体調を崩してしまって、あやなに世話をしてもらうことになったんです。その時に『今は何の仕事をしているんだい?』って聞いたんです」(よしのさん)

当時、あやなさんはすでにAV女優だった。

「最初はグラビアの仕事だよって誤魔化してたんですけど、詳しく聞かれるうちに、ついつい告白しちゃいました」(あやなさん)

よしのさんはデビューするまでAVを見たことすらなかった。

「撮影後に楽しそうに帰ってくるあやなを見てたら、なんだか羨ましくなって、詳しく聞くようになったんです。そうしたらちゃんとお芝居をしているんだって 聞いてびっくりしてね。『もう10年若かったら私も出てみたかったなぁ』なんて冗談半分でいったんです。そしたらあやなが事務所の社長さんに相談してくれ て、あれよあれよという間にデビューが決まりました」(よしのさん)

孫娘と共演するよしのさんのデビュー作はドキュメンタリータッチだ。ごく普通のおばあちゃんが、AVに出演したいと言い出す場面から始まる。

「お掃除の最中に掃除機を止めて、そこからしゃべり始めるっていうシーンなんですけど、もう緊張しまくりで、30回くらい撮り直しました(笑い)」

監督に促されて裸になるよしのさん。可愛らしい下着をつけた姿は孫から見てもため息が出るほどきれいだったという。

互いのセックスを見せ合うことに抵抗はなかったのかと問うと、2人は「なかったよねぇ」と声を揃える。

「でも、プライベートのセックスは見せません。仕事だからできることです」(あやなさん)

そんなあやなさんを見る祖母の目は優しい。

「私は現場で孫のセックスを初めて見て素晴らしいと感動しました。本当に女優なんだと思わせてくれました。フェラのやり方も上手に教えてくれたんですよ(笑い)」(よしのさん)

しかし、2人がAV出演している事実を、よしのさんの娘(あやなさんの母)は知らない。この記事が出ることでバレてしまう可能性があるが……。

「そうなったらなったで、あっけらかんと認めますよ。それで母との関係が悪化しても、おばあちゃんがいるから大丈夫です」(あやなさん)

よしのさんには、33歳年下の、H友だちがいるという。

ないわ

「孫が誘ってAVデビュー」は、2015/2/20に発売されている。

ないわ02

ないわ03

まったく関係ないのだが、私(サイト管理者)はばあさんとセクロスしたことがあるが、やはり年齢的なもので引けを感じているのか、ノーマルなセクロスではなかった。

アナル舐めや、バックから手を回してちんこをしごくなどを中心として、なるべく視界に映らないように配慮してくれていた。いや大丈夫、ちゃんと勃つからうん。

 

 

セルライドはたしかに目立つが、それほど若い娘と変わらない。顔以外。

若い娘でも、セルライド目立つ・だるんだるんのいるから、正直満足は出来る。マンコの締まりも似たようなもの。

 

 

◆カルーセル麻紀もAVに出演したときがある

カルーセルがコメントしていた。

 

昔、依頼が来て、台本なし。ギャラ300万円で出演したことがあるそうな。

女の子に「行け!」と命令するだけのシーンだけだったらしい。

 

でもこんなん見つけた。

くの一忍法 観音開き(1976年)

観音

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!