アングラ

2015年2月10日 at 7:01 PM

Twitterデリバリー|危険ドラッグの新たな販売方法

警察の努力で新宿では33店舗から2店舗に減っている、危険ドラッグの販売所。

しかし、地下にもぐっただけで依然売られているようです。

 

 

◆業務中に危険ドラッグを吸って逮捕されたタクシー運転手は?

2014/10/15 朝日新聞 危険ドラッグ吸い運転した罪、元タクシー運転手を起訴

危険ドラッグを吸ってタクシーを運転したとして、東京地検は15日、元タクシー運転手の丹沢彰二容疑者(54)=東京都豊島区=を道路交通法違反(過労運転等の禁止)の罪で起訴し、発表した。

丹沢容疑者の起訴内容は、8月7日午前4時10分ごろ、大田区の区道で、危険ドラッグの影響で正常な運転ができない恐れがある状態でタクシーを運転したというもの。事故は起こしていなかったが、蛇行運転していたのを警察官が発見し、職務質問した。

地検によると、丹沢容疑者は6日午後1時半から乗務を始め、休憩のたびに危険ドラッグを吸っていた。職務質問されるまでに複数の客を乗せており、目的地を忘れたり、意味不明の言葉を発したりしたという。

ラッシュ

後日談を本人が語っています。

「吸ってもそれほどいい感じはしないんですが、とにかく依存性がすごかったです。会社を辞めさせられることになりましたが、今はよかったと思っています」

 

 

ドライブレコーダーにも残っています。

吸った後はじめの客を乗せた際に、行き先を聞いて3分後に場所がわからなくなる

「どのへんに止めればいいですか?」

「え?もう着いたんですか?」

「いえ、どうすればいいかわからないんです。」

「信号が赤になったら止まる。青になったら左に曲がってくれればいいですよ」

結局到着予定地とはだいぶ離れた場所で止まって、お客さんは降りる。

 

この後懲りずにさらに吸引して6時間後に逮捕された

 

逮捕されるまでに総計60回ほど吸ったという

 

 

◆Twitterで、「危険ドラッグ」「デリバリー」で検索しろ!

前にTwitterで「くぱぁ」で検索すると無修正マンコがしこたまひっかかりましたが、あれと同じでTwitterは無法地帯です。

Googleとの提携を考えているのも、この辺の取締りの技術をもらおうとしているのではないかと考えます。

GoogleとTwitterの提携により生まれる、あらたな収益化(アフィリエイト)の可能性

 

 

現在はお店での対面販売ではなく、Twitter関連サービスに転載されない限りGoogleに引っかからないTwitterのつぶやきでお客を募っています。

それが規制されれば次はLINEでしょうが

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!