アングラ

2014年10月10日 at 9:25 PM

アダルト会員制サイトのユーザー名簿を入手し、「利用料金未納」ですと迫る振り込め詐欺手法

2014/10/10 NHK アダルトサイト「料金未納」 元社長ら逮捕

 

スマートフォン向けのアダルトサイトの利用者に「料金が未納だ」などとうその電話をかけ、およそ110万円 をだまし取ったとして、神奈川県のアダルトサイト運営会社の元社長ら3人が逮捕され、警視庁は、このグループが数千人分の名簿を作り、詐欺を繰り返してい たとみて調べています。

逮捕されたのは、神奈川県小田原市のアダルトサイト運営会社の元社長、飯山陽介容疑者(33)ら3人です。
警 視庁の調べによりますと、3人は、去年6月、スマートフォン向けのアダルトサイトを利用していた山口県の39歳の男性に「有料サイトの料金が未納状態だ」 などとうその電話をかけ、およそ110万円を指定した口座に振り込ませてだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。
警視庁によりますと、このサイトでは、利用者が画面をクリックし、動画を見るためのアプリをダウンロードすると、自分のスマートフォンの電話番号やメールアドレスが送信されるように設定されていました。
この方法でサイトを運営していた飯山容疑者が利用者の個人情報を入手し、2人に電話をかけさせるなどしていたということです。
調べに対して、3人はいずれも容疑を認めているということで、警視庁は、このグループが数千人分の名簿を作り、詐欺を繰り返していたとみて調べています。

◆出会い系や動画の紹介サイトやアプリを運営して、リスト収集に利用する

アダルトアフィリエイトは、自分のサイトから誘導した訪問者が、アダルト有料会員になった時点で、その報酬を受け取れるシステムです。

 

 

例)

 ハッピーメール、ワクワクメール、PCMAXなど

 

 

逆に言うと、報酬を発生させた時点で、訪問者のいずれかがアフィ対象のサービスの会員になったと特定できます。

アフィリエイトの管理画面からは、どのユーザーが成約したかはわかりませんが、少なくとも自分が誘導した訪問者のうち誰かは会員になっているのは間違いありません(そのサービスを利用する可能性のある予備軍である)。

 

 

誘導先は、アフィリエイトランディングサイト(広告主のサイト)でなくても、未納請求詐欺がメインなら今回のようにFC2動画などの動画配信サービスでおkです(確実に有料サービスに加入していなくても、数打てば誰か引っかかる)。

 

 

 

自分でアダルト動画や出会い系サービスなどを紹介するサイトやアプリ(検索機能付きのアダルト動画プレイヤーなど)を立ち上げることで、ユーザーの個人情報を入手できるでしょう。

サイトの場合は、掲示板などの会員制サイトを運用することで、自分のサイトにユーザー登録させた際に少なくともメールアドレスは取得できます。

アプリの場合は、Androidであれば、アプリの必要実行権限を必要以上に設定することでユーザーの電話番号や住所録が取得できるので、個人情報の収集は容易いものと思います。

 

 

●主なパーミッション

1)電話発信
端末に付与されている電話番号や末識別番号、SIM情報などをアプリが読み取ることができる。電話の着信状態などの情報も読み取ることができる

2)個人情報
アドレス帳など連絡先データをアプリが読み取ることができる

3)ネットワーク通信
インターネットなどにある外部のサーバーとアプリが自由に通信できる

 

 

2012/10/23 情報科学屋さんを目指す人のメモ commとLINEが要求するアクセス許可の比較表を作ってみた

 

 

 

あとは、そのアダルトサービス(アフィリエイトの広告主)であると偽り、「お客様は、実は有料の領域のサービスを利用してた」「未納の料金がある」などいう表現を用い、総当たりメールで迫るだけです。

 

 

高額の請求だと慎重になられるので、メールで連絡を行い1000~3000円程度の低額を請求します。

相手に考える時間を与えないように、「本日中にお振込みがないと法的措置を(高額の延滞料金を)・・」と迫ります。

アホらしいと思えば無視され、信用させられれば振込みされるでしょう。

 

 

 

◆そんな今回の詐欺野郎は?

業者名         FC2動画料金未納センター

業者電話   0345904847 03-4590-4847

担当者名

 

 

アダルト動画サイトの料金未納で本日連絡が無い場合は法的手続きをいたします。
fc2料金未納センター 0345904847

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!