ニュース

2014年2月7日 at 11:21 PM

ダッチワイフを不法投棄すると捕まるよ?

2008/9/16 ZAKZAK ダッチワイフ遺棄犯の素顔…妻死別で“同居”数年

 
静岡県伊豆市の山林で寝袋にくるまれたダッチワイフが見つかり、遺体と早とちりした県警が一時、死体遺棄事件として捜査に乗り出す騒ぎとなったが、県警大仁署は16日、廃棄物処理法違反の疑いで、この人形を捨てた無職の男性(60)を書類送検した。

調べによると、男性は先月21日、身長170センチ、体重50キロの女性型の人形を自宅から車で運び、投棄した疑い。人形が精巧だったことから、県警では死体遺棄事件として捜査に着手、検視の段階で人形と判明した。報道で騒ぎを知った男性が今月6日、同署に出頭した。

関係者によると、男性は数年前に妻と死別して以来、人形をパートナーとして暮らしてきた。
長く一緒に過ごしたが、子どもとの同居が決まったことと心臓への負担を考慮し、処分を
決めたという。

「長年連れ添った人形だから情も移ったようだ。バラバラにしてもかわいそうだし、処理に
困って不法投棄に及んだ」(捜査幹部)
報道を見て、「大変なことをした」と悩んだ末の“自首”だったという。

ダッチワイフ

—–

◆ダッチワイフの廃棄方法

 

ネットオークションに売るか、専用の廃棄サービスを利用する。オクで売る場合は、送付用の箱と新品ウィッグの確保が必要。

 

オリエント工業公式 FAQ

質問不要になった製品はどのように処分すれば良いでしょうか?

回答製品を適当な大きさの段ボール箱に梱包していただき、「里帰り希望」と書いたメモを同封して、下記のあて先までお送りください。責任をもってお引き取りし、人形供養いたします。

※弊社までの送料はお客様でご負担いただきますようお願いいたします。

 

 

◆おっぱいの揉み心地はどうなのよ?

固い。おっぱいという感じではない。

 

143 膝靭帯固め(内モンゴル自治区) :2014/02/07(金) 21:10:35.00 ID:PKueiRcLO
おっぱいの質感はどうなんだろな?
いくら見た目は巨乳でも表面だけシリコンじゃ寄せて挟めんからパイズリできんだろ

 

 

 

163 雪崩式ブレーンバスター(中国・四国) :2014/02/07(金) 23:03:23.42 (p)ID:Ht2uRVuOO(2)

あと、>>143
ドールメーカー全体の傾向として、人間の肌よりはやや固めにしている。
(材質を柔らかくすると触感は良くなるけど、裂けやすくなるなどで耐久性が下がるため)

オリエント工業は耐久性を重視しているのでドールメーカーの中でも固めの傾向の材質を使っている。

ただ、最近のシリコン製ドールの内部は、
全部シリコンではなくて、表面材質とフレームの間に柔らかい充填剤(中子)を入れて、
身体の各所の柔らかさを調整・再現しているので、昔より触感がリアルになっているし、
高価で重量のあるシリコンを削減する事で軽量化とコストダウンも行っている。

 

 

オリエント工業 幼女ラブドール生産ライン「ララドール」 製造中止

 

 

◆需要は高いので使用済みでも売れる

2014/2/6 ZAKZAK ラブドール購入者の胸の内 性欲強く妻公認のケースも

性愛の対象は生身の女性とはかぎらない。妻に先立たれたり、離婚をして独り身で寂しいからと、高価なラブドールを求める人もいる。特殊ボディーメーカー『オリエント工業』、東京・上野ショールームの担当者にラブドール購入者たちの胸のうちを聞いた。

一体60万円台が標準

昔は「ダッチワイフ」と呼ばれていたものを時代(1970年代~)とともに改良を重ね、より生身の女性に近い本格的なものに進化させてきたのが「ラブドール」だ。

「20万-30万円のソフトビニール製もありますが、主流はシリコン製で標準価格帯は60万円台。指関節の可動、アンダーヘア植毛、視線移動をフルオプションで付けると80万円弱になります。高額なのでユーザーの中心は40代以上の男性で、80代という方もいます」

局部のホールパーツは脱着式で、好みに合わせて選べる作りになっている。

性欲強く妻公認も

今は体の各部位の可動域が広く、よりリアルなポージングができる。最近ではオブジェや絵画のモデル代わりに購入するケースも増えているというが、やはり多くの目的は性処理の手段だ。

「独り暮らしで寂しいからと生身の女性の代わりに利用する人もいれば、女性とつき合うのが『面倒くさい』『もう、うんざり』と生身の女性がいやになって利用する人もいます。また、家庭を持っていて、『1度使ってみたかった』と単身赴任を機に購入する方もいます」

ラブドールの身長は136-157センチ。既婚者が妻に内証で自宅に置くのは難しいが、中には専用の部屋を借りたり、自営業者で会社のロッカーに保管している既婚者ユーザーもいるという。

「奥さん公認では、夫の性欲が強すぎて、要求に応えられないというケースがあります。浮気を容認して、妊娠のリスクや交遊費を考えれば安いというわけです」

感謝の手紙が届く

同社は、そもそも創業当時は障害者向けの販売から出発した歴史があり、今でも社会貢献の一環として障害者手帳を提示すれば購入代金の10%割引を行っている。

「割引制度の対象は、心や身体にハンディキャップを持つ方だけではありません。性処理の問題は、既婚者であれば夫婦の問題でもあります。奥さんに障害がある場合でも対象になります」

高齢のユーザーからは、「下半身は元気ではないが、添い寝だけでも癒やされる」「この年齢で、こんなにきれいな若い娘と毎日いられるのは本当にありがたい」などの感謝の手紙が届く。

実在の女性から型取りした最新のラブドールのリアルさには、誰もが納得するはず。実際に見て触れるショールーム(予約制)は大阪と福岡にもあるので、興味があれば確認してもらいたい。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!