ニュース

2014年1月30日 at 6:11 AM

俺、男に抱き付かれて脊髄破損し労働できなくなりました

2014/1/29 時事通信 職員抱き付きで後遺症=京都市に3000万円賠償命令―地裁

 

仕事中に顔見知りの京都市職員に抱き付かれ、手足のしびれなどの後遺症が残ったとして、男性(55)が市を相手に約8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(大島真一裁判長)は29日、市に約3000万円の支払いを命じた。
判決によると、京都市は男性の勤務先に廃棄物の運搬業務を委託。男性は2009年9月、市の事業所で作業中、顔見知りだった市職員の男性(36)に背後 から抱き付かれた後、脊髄症を発症した。手足のしびれなどが残ったため重労働ができなくなり、男性は11年11月に退職した。
大島裁判長は後遺症について、職員の抱き付き行為と事故前から男性にあった脊柱管狭窄(きょうさく)症が「共に原因になって発生した」と判断し、損害額の4割を減額した。

—–

オホモだち同士で抱き合って、市から3000万円もらった不思議

 

抱きしめ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!