ニュース

2013年11月23日 at 8:44 AM

宝くじの買い方「縦バラ」と「特バラ」とは?|牛丼のつゆだくみたいにちゃんと通じる頼み方

◆縦バラとは?

30枚分9,000円を用意します。

縦バラ

 

 

これで「10枚バラのセットを3セット」買うわけですが、その際各セットを全部ばらすと「連番3枚セットが10組」揃うような買い方です。

例を挙げます。簡単な数字にします

 

●1つめの10枚バラ

99組の101、80組の2、31組の13、71組の19、92組の37、87組の47、29組の38、64組の72、81組の91、23組の90

●2つめの10枚バラ

99組の102、80組の3、31組の14、71組の20、92組の38、87組の48、29組の39、64組の73、81組の92、23組の91

●3つめの10枚バラ

99組の103、80組の4、31組の15、71組の21、92組の39、87組の49、29組の40、64組の74、81組の93、23組の92

 

 

横列でみるとバラバラですが、縦列で見ると同じ組の連番になっているという不思議・・・

これで前後賞も逃しません!

 

 

 

◆特バラとは?

100枚買うことになります。

下2ケタだけが、00~99まで連番になったバラのセットです。

これで必ず下二桁と下1桁が当たるので、6000円は必ず戻ることになります。

 

 

 

◆1000枚連番とは?

共同購入する際のテクニックです。1000枚連番で買えば下三桁まで必ず当たります。

これで通常10枚セットの連番では戻しが1割保証ですが、1000枚連番だと戻りが3割3分保証まで引き上がります。

 

 

One Comment

  1. I’m rellay into it, thanks for this great stuff!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!