アダルト

2013年6月20日 at 5:05 AM

キンタマを看護婦さんにナデナデしてもらった代わりに片玉を失った10代男性

2013/6/19 山形新聞 「誤診で睾丸を摘出」訴訟・県側が争う構え 山形地裁

 

県立新庄病院の誤診で、10代の息子が睾丸(こうがん)摘出を余儀なくされたとして、最上地方に住む両親らが県を相手に慰謝料など2200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、山形地裁であり、被告の県は請求棄却を求め、争う構えを見せた。

答弁書で県は、医師が診察や説明もせず、看護師だけの対応で安静にして患部を冷やすなどの対応しかしていないとする原告の主張を否認した。将来的に労働能力の喪失や低下を招くものでもないと反論。今後、さらに詳細な主張について明らかにするとしている。

訴状によると、10代の息子は昨年11月、睾丸の痛みと腫れで同病院に緊急入院し、泌尿器科の医師はウイルスかばい菌による副睾丸炎と診断。実際は精索捻転で、適切な治療がなされず左睾丸を摘出せざるを得なくなったとしている。

看護婦

—-

ちなみに、手術したときに尿道カテーテルを挿入されることがありますが、「痛い」というと看護婦さんに塗り薬タイプの麻酔を塗ってもらうことができます。

 

という裏技。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!