アングラ 動画・ムービー・放送

2012年11月6日 at 12:00 AM

業務用白B-CASカード 限定50販売!

改造B-CASカード 2038年問題を超える

2006/3/16 三古毅の「あんな出来事・こんな発見」 4種類のB-CASカード

 

電気店などで、お客さんにハイビジョン放送を体感してもらう目的で、何台かのテレビを店頭展示用に動作させておくための白カードです。

 

NHKに衛星放送受信料を支払わないと、画面の左下に支払いを促す表示がでます。
新規購入時は出てこないのですが、約1ヶ月後、不意に現れます。

 

ところが、この白いB-CASカードを挿せば、この邪魔な表示が出ないようになります。
つまり、「NHKの受信料を支払っているテレビ」という資格を持つのです。
では誰が受信料をNHKに払っているかというと、東芝や日立といった電機メーカーが払っているそうです。
カードの所有権は電器店ではなく電機メーカーにあり、電器店にカードを貸与している形式になります。
貸し出した店と枚数はちゃんと管理していて、簡単に一般の人が入手できない仕組みになっています。

 

その白色業務用カードを販売するという

http://www.amazing-cas.com/

 

受信料はどこのメーカーが払う扱いなのでしょう?

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



こちらの関連記事もオススメ!